So-net無料ブログ作成

横顔は少年-忌野清志郎 YAON35 [Music]

蝉時雨の日比谷野外大音楽堂。
「1年ぶりの来日!」と、野音ベイベーたちに叫ぶ清志郎。
すっかり大人なのに、授業を抜け出して聴く「トランジスタ・ラジオ」が似合ってる。

途中、客席の通路をずんずん上ってきた。
ちょうど真ん中あたりに陣取って、史上初(?)野音のサブステージでの演奏がはじまった。
15mくらいの距離で見る清志郎は、びっくりするほど少年の顔をしていた。

「愛し合ってるかい?」
これからも、ずっとその言葉を聞かせてほしい。

「キュートだった」と、私。
「ピュアだった」と、彼女。

忌野清志郎 「地味変」 YAON35速報!
スーツのクマ柄までは、見えなかった…。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(3) 

nice! 0

コメント 2

魚河岸おじさん

はじめまして
私も昨日行って来ました。
サブステージには本当にびっくりしましたね
TBさせてください
by 魚河岸おじさん (2005-08-15 09:30) 

cumin

コメントありがとうございます。
ブログ拝見しました。
サブステージの正面だったんですね?素敵です。
「JUMP」ではしゃぎすぎた、足のだるさとともに、余韻にひたります。
by cumin (2005-08-15 19:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。