So-net無料ブログ作成
検索選択

志摩で見つけた不思議なカフェ [Cumin Seeds]

女友達と志摩から伊勢をドライブしたのは、5月のこと。
あれば幻だったのはないかと思うくらい、ファンタジックなこ出来事が満載の旅だった。
そのなかのひとつがこれ。

2011年5月22日(日)
午前中に英虞湾を望む高台を散策したあと、鳥羽を目指して北上する。
ガイドブックに載っていたレストランを目指すも、カーナビもお手上げの、人家のなさ。
空き地に車を止めて、途方にくれる。このままだと、ランチはおあずけ。
「ってことは、さっきのあれ?あれにする?」
ふたりで顔を見合わせる。

「あれ」というのは、空き地の手前にあったこのサイン。

110522_cafe1.jpg

下の看板に注目。

110522_cafe1-2.jpg
「道が悪い」ってどういうこと?

こわごわと進むと、目の前に広がる、この景色。

110522_cafe2.jpg
こ、これは、ダートのゲレンデ…。

「道ってどれよ~っ!」
砂利の激しい震動に負けないようステアリングをにぎりしめ、げらげら笑いながら進む。
ゲレンデを下りきると、ようやく道らしきものが見つかり、ゆるゆる丘を上る。
そして、目的地はひょっこりと現れた。

110522_cafe3.jpg
素敵な風景に、びっくり。

110522_cafe5.jpg
やさしい木のテーブルと椅子たち。

110522_cafe4.jpg
半分はショップ。奥の窓際がキッチン

110522_lunch.jpg
タコライス。とっても、カフェごはん。

110522_grooming.jpg
ふらっと近寄ってきて、一心に身づくろいをする猫。

日曜日のお昼だというのに、店内にはわたしたちだけ。
強まる雨音を聞きながら、静かで、ロマンチックな時間を過ごす。

三重県のなんにもない場所に、なんでこんなお店があるのか?
謎は深まるばかり。

110522_cafe6.jpg
庭には、バスタブとシャワーのオブジェ。

あとで調べて解けた謎。
神戸にカフェとショップを持つオーナーが、サーフィンが好きで、この場所に移転をはじめているらしい。
センスの良さも、このロケーションを選んだのも、納得。
SHEVRON ISE

とっても気になるカフェ。いつか、また行こう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。