So-net無料ブログ作成

エミリア・ロマーニャ州の手打ちパスタ [Cumin Seeds]

手打ちパスタ教室で作った、エミリア・ロマーニャ州のパスタ。
生地に卵を入れるのがこの地方の特徴。
フードプロセッサーに、小麦粉、卵、塩を入れて、生地をこねる。
パスタマシーンで、生地を薄くのばしてから…。

Tortelli alla piacentina (ピアチェンツァ風トルテッリ)
詰め物をするのが、トルテッリ。ピアチェンツァの街だけに見られる、独特の包みかた。
5cm角にカットした生地に、リコッタチーズとマスカルポーネ、ほうれん草で作ったペーストをのせて、せっせと包む。包むといっても、角をつまんで立ててから、左右を交互に折り、最後にきゅっとつまむというややこしさ。

DSC_0027.jpg
先生のお手本。なんて美しい。

ゆでてから、フレッシュセージとバターのソースとからめて、できあがり。

DSC_0032.jpg
セージの香りがさわやか。お手本との形の違いが、愛らしい。

Tagliatelle verdi all'emiliana (タリアテッレ・ヴェルディのエミリア風)
パスタマシンで7mmくらいの幅にカットすると、タリアテッレ。
ベルディは、緑色のこと。生地にほうれん草のペーストを練りこんで色づけ。
さっと茹でて、ホワイトソースをかけて、オーブンで焼く。

DSC_0029.jpg
濃厚そうに見えて、やさしい味わい。おいしくて、みんなおかわり。

エミリア・ロマーニャ州の思い出 (2010年11月19日)
パスタをいただきながら、去年の旅行のことがむくむくと思いだされた。
そうそう、こういうのいっぱいあった!

たとえば、モデナのメルカート(市場)の風景。

1010_tortellini.jpg
トルテリーニ(小さいトルテッリ)がザクザク。

1010_lasagne.jpg
エミリア・ロマーニャといえば、ラザニア。

手打ちパスタのあたたかみは、習い始めてから実感したことがたくさんある。
形を作る手間と、テクニックの難しさ。そして、生ならではのもちもちした食感。

写真を見て、去年とは違う気持ちがわきあがる自分に驚きながら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。