So-net無料ブログ作成
検索選択

忌野清志郎 青山ロックン・ロール・ショー [Music]

昨日までの雨がウソのように、晴れ上がった空。
普段は静かな青山の木々の中で、清志郎が歌い続ける。

開演を待っていると、列の前方から、「イェーッ!」と歓声が上がる。
なんだろうと背伸びをしていると、白い車が現れた。
後部座席の窓を全開にして、女性が泣きながら大きく手を振っている。
「しのぶちゃーん!」
わたしたちも、手を振りこたえる。

あとで、テレビで観てなぞがとけた。
大竹しのぶちゃんは車に乗り込む前に、ファンに向かって叫んでいた。
「愛しあってるかい?」
「イェーッ!」

20090509aoyama.jpg

かっこよすぎる清志郎に、みんなで色とりどりの薔薇を贈った。
わたしからは、黄色い薔薇を。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり自転車 [Cumin Seeds]

そうだ、自転車に乗ろう。
清志郎がオレンジ号に乗っている映像を見ながら、そう思った。

自転車置き場でひとりぼっちにしちゃって、ごめんね。
エアポンプで、ぺちゃんこだったタイヤをぱんぱんにする。

すいすい走る。風を切る。
この感覚、しばらく忘れていた。
やっぱり自転車はたのしい。

ひとつ隣の駅のサイクルショップでは、清志郎が流れていた。
じんわりとうれしい。

20090504164218.jpg これからいっぱい探検しようね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

忌野清志郎がいなくなるなんて [Music]

午前0時を過ぎたころ、ベッドにもぐりこんでケータイのニュースチェック
そこで目にしたのは、忌野清志郎の訃報。
信じられなくて、飛び起きて、PCを立ち上げる。
本当なんだ…。

ライブのDVDを観ながら、いろいろなことを思い出す。

中学生には刺激的すぎた、「い・け・な・いルージュマジック」。
助手席で聴いた、「Memphis」と「HIS」。
テレビで観て、DVDを手に入れた、「RESPECT!」。
蝉時雨の中、ビールを片手に踊った、夏の日比谷野外音楽堂

客席のわたしを探すために兄夫婦が観ていたSONGS
当時4歳の姪が「雨上がりの夜空に」をいたく気に入り、「きいろいおにいさん!」と繰り返し再生をねだったという。
幼稚園児のココロをもつかむ、清志郎のパフォーマンスのすごさ。
彼女が大きくなったら、一緒にライブに行きたかった。

日本武道館での完全復活祭に立ち会えたことは、宝物。
最後になるなんて、夢にも思っていなかったけど…。

ひとりの女性を好きだとまっすぐに歌う、セクシーでやんちゃな大人の男。
Puntoを走らせながら清志郎を聴くと、愛に包まれる感覚を憶える。
きゅっとせつなくなる、スガシカオとは対照的に。

「愛しあってるか~い?」と、また聞いてほしい。
「愛してます!」と、また叫んでほしい。

この喪失感を、どうしたらいいのかわからない。

20090503rose.JPG
薔薇も、ユリも、チューリップも。花が似合う男、清志郎。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。