So-net無料ブログ作成
検索選択

ソービニヨン・ブランの苗植え [Wine]

5月の初日は、文句なしの快晴。
長野県東御市の Rue de Vinで、ブドウの苗植え。
わたしたちが植えるのは白ブドウのソービニヨン・ブラン。

20100501_RdV_blog-01.jpg
地中から抜いたばかりの苗。長い根をカット。

20100501_RdV_blog-02.jpg
すぐに水に浸され、出番を待つ。

20100501_RdV_blog-03.jpg
50cmの位置に苗を置く。
通常は1m間隔。来年、別の畑に苗を半分移すそう。

20100501_RdV_blog-04.jpg
手で根に土をかけて、苗を固定。

20100501_RdV_blog-1.jpg
鋤簾(じょれん)で、土をかぶせる。

20100501_RdV_blog-05.jpg
オレンジ色のタンクから、ジョウロに水を汲む。

20100501_RdV_blog-06.jpg
ジョウロ1個分の水を、ひとつの苗にたっぷりあげて、苗植え完了。

この作業をみんなで分担して、せっせと苗を植える。簡単そうに見えて、かなりの力仕事。だけど、数年後においしいワインをいただくためならと、喜んで泥んこになる。

20100501_RdV_blog-07.jpg
プントの兄弟も健在。

20100501_RdV_blog-08.jpg
たんぽぽの黄色いじゅうたんに覆われた、ブドウ畑。
「楽園」と呼びたくなるような、うつくしさ。

20100501_RdV_blog-09.jpg
長く伸びた2本の梢は、間もなく左右に広げてワイヤーに固定される。

20100501_RdV_blog-10.jpg
特別に空けていただいた、2009年のソービニヨン・ブラン。
酸がしっかりしていて、さわやかな味わい。

20100501_RdV_blog-11.jpg
この見晴らしの良さが、ブドウ畑の宝物。

Rue de Vinは、2008年にピノ・ノアールカベルネ・ソービニヨンの苗木を植えさせてもらってから、はや2年。毎年、着々と雑木林が畑に開墾され、もうすぐワイナリーもできる。
オーナーで醸造家の小山さんの、ワインへの情熱と行動力には、圧倒されるばかり。

おいしいワインは、ブドウ作りからはじまる。
泥んこで、へとへとになりながら、ブドウの健やかな成長を願った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。