So-net無料ブログ作成
検索選択

ソービニヨン・ブランの苗植え [Wine]

5月の初日は、文句なしの快晴。
長野県東御市の Rue de Vinで、ブドウの苗植え。
わたしたちが植えるのは白ブドウのソービニヨン・ブラン。

20100501_RdV_blog-01.jpg
地中から抜いたばかりの苗。長い根をカット。

20100501_RdV_blog-02.jpg
すぐに水に浸され、出番を待つ。

20100501_RdV_blog-03.jpg
50cmの位置に苗を置く。
通常は1m間隔。来年、別の畑に苗を半分移すそう。

20100501_RdV_blog-04.jpg
手で根に土をかけて、苗を固定。

20100501_RdV_blog-1.jpg
鋤簾(じょれん)で、土をかぶせる。

20100501_RdV_blog-05.jpg
オレンジ色のタンクから、ジョウロに水を汲む。

20100501_RdV_blog-06.jpg
ジョウロ1個分の水を、ひとつの苗にたっぷりあげて、苗植え完了。

この作業をみんなで分担して、せっせと苗を植える。簡単そうに見えて、かなりの力仕事。だけど、数年後においしいワインをいただくためならと、喜んで泥んこになる。

20100501_RdV_blog-07.jpg
プントの兄弟も健在。

20100501_RdV_blog-08.jpg
たんぽぽの黄色いじゅうたんに覆われた、ブドウ畑。
「楽園」と呼びたくなるような、うつくしさ。

20100501_RdV_blog-09.jpg
長く伸びた2本の梢は、間もなく左右に広げてワイヤーに固定される。

20100501_RdV_blog-10.jpg
特別に空けていただいた、2009年のソービニヨン・ブラン。
酸がしっかりしていて、さわやかな味わい。

20100501_RdV_blog-11.jpg
この見晴らしの良さが、ブドウ畑の宝物。

Rue de Vinは、2008年にピノ・ノアールカベルネ・ソービニヨンの苗木を植えさせてもらってから、はや2年。毎年、着々と雑木林が畑に開墾され、もうすぐワイナリーもできる。
オーナーで醸造家の小山さんの、ワインへの情熱と行動力には、圧倒されるばかり。

おいしいワインは、ブドウ作りからはじまる。
泥んこで、へとへとになりながら、ブドウの健やかな成長を願った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川かますのクネル [Wine]

ワインの原産地を勉強していると、ワインに合わせる地方料理がでてくる。
これがやっかいで、牛肉や鶏といった素材はわかっても、調理法を知らないと、どんなものなのか想像がつかない。

特にお手上げだったのが、八つ目うなぎのボルドー風と、川かますのクネル。名前は覚えやすいけれど、素材さえ口にしたことがないから、どうしようもない。ワインに合わせる以前の問題。

そんなとき、リヨンの料理を出すフレンチレストランのメニューに、「川かますのクネル」を発見。
これは、きっと運命の出会い!もう、絶対に食べる
期待に胸をふくらませるわたしの前に、それは現れた。

qunelles080621JPG.jpg
Quenelles de Brochet 川かますのクネル

濃厚なクリームソースをまとった、ふわふわの白身魚のすり身。
ブルゴーニュのシャルドネと合わせるのは、この味なのね。
目と鼻と舌で、しっかり覚えた。

【ブルゴーニュの地方料理】
●Quenelles de Brochet 川かますのクネル  
 合わせるワイン: Pouilly Fuissé プイイ・フュッセ 

Quenelle(クネル): 魚やとりのすり身でつくったミートボールのようなソーセージのようなもの。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

なんとかシャンベルタン [Wine]

「合格したら、グランクリュでお祝いをしてあげようっ!」
ワイン仲間のひとり、ムッシュ・ブルゴーニュが、テーブルの向こうで叫んだ。
グランクリュって、特級畑の、グランクリュだよね?本気かなぁ?
「なんとかシャンベルタンあたりでどう?」
それって、ジュヴレ・シャンベルタン村のグランクリュのどれかってことね。まあ、なんて太っ腹。

つられて、みんなが自分のセラーにある自慢の銘柄をあげはじめた。
いったい、どれだけのワインが眠っているのかしら?こうなったら、意地でも合格して、とっておきのワインを堪能しようでないの。酔った勢いだとか、覚えていないなんて、言わせないもんね。

待っててね、なんとかシャンベルタン!

【コート・ド・ニュイ地区】
コート・ドール県 石灰岩・泥灰土 丘陵 赤ワイン銘醸地

Gevrey-Chambertin Grand Cru
●Mazis-Chambertin (マジ・シャンベルタン)
●Ruchottes-Chambertin (ルショット・シャンベルタン)
●Chamtertun-Clos de Bèze (シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ)
  ※Chambertinも名乗れる。
●Chambertin (シャンベルタン)
  ※最高峰
●Chapelle-Chambertin (シャペル・シャンベルタン)
●Griotte-Chambertin (グリオット・シャンベルタン)
●Charmes-Chambertin (シャルム・シャンベルタン)
  ※Mazoyères-Chambertin も名乗れる。
  ※面積・生産量最大
●Mazoyères-Chambertin (マゾワイエール・シャンベルタン)
  ※Charmes-Chambertinも名乗れる。
●Latricières-Chambertin (ラトリエール・シャンベルタン)
赤ワインのみ。品種はピノ・ノアール。
タグ:ワイン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

憶えられるか?ブルゴーニュ [Wine]

子どものころから、暗記というものに、テンションを上げられないわたし。
さあ、どこまで記憶できるのか?

本日は、「ブルゴーニュ」。
ブルゴーニュのワインは、基本的に単一品種のブドウで造られる。
黒ブドウ: ピノ・ノアール(Pinot Noir) ガメイ(Gamay)
白ブドウ: シャルドネ(Chardonnay) アリゴテ(Aligoté)

Bourgogne080522.JPG
ピノ・ノアール: 照り輝きのあるルビー色

肝心なのは、グランクリュ(特級畑)、アペラシオン(原産地)の名前と、生産可能色ね。まずは、シャブリの7グランクリュ。どれどれ。

【シャブリ地区】
ヨンヌ県 石灰岩土壌(キンメリジャン:白亜質土壌)

Chablis Grand Cru
●Bougros (ブーグロ)
●Les Preuses (レ・プリューズ)
○Moutonne(ムートンヌ) ※非公式グランクリュ扱い
●Vaudésir (ヴォーデジール)
●Grenouiles (グルヌイユ)
●Vaimur (ヴァルミュール)
●Les Clos (レ・クロ)
●Blanchots (ブランショ)
白ワインのみ。品種はシャルドネ、ミネラルと酸が豊かな辛口。

…。ううっ。ま、ぼちぼち、いってみよ~。
タグ:ワイン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シラーにカブトムシの香り? [Wine]

ワインのおもしろいところのひとつが、香り。
そもそもブドウのはずなのに、他のフルーツや、花、スパイスの香りがする。そんなのウソだとか、ふつうはわからないとか思いがちだけど、違う香りのワインを並べて比べてみると、なるほどと感じる。

ブドウ品種の香りの表現を写真入りで紹介している「ワインの基本ブック」は、香りが形と色でイメージできるから見ていて楽しい。
だけど、たまに困るものがある。
シラーの香りの写真のなかに、スミレやベーコン、カシス、ラベンダーとならんで、カブトムシがいるのだ。
カブトムシの香りってどんなのだっけ?
小学生のころの記憶をたどっても、スイカの皮(赤い果肉を兄と食べつくした歯型付き)と、おがくずの木の香りしか思い出せない。
うーん。今年の夏は、カブトムシをつかまえて、嗅いでみるか…。

kbutomushi080513.JPG
ほうらね、カブトムシ。

50341wineBooks2.jpg
「ワイン基本ブック」ワイナート編集部 編
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カベルネ・ソーヴィニヨンの苗木を植えたくて [Wine]

午前3時40分にプントのエンジンをかけて、雨に濡れる東京を脱出。
渋滞を避けてたどり着いたのは、小鳥がさえずる早朝の長野県東御市。

2008 06 02_RueDeVin_0014-10m.JPG
さわやかすぎて、言葉がでない。

まずは、3週間ぶり2回目の、ぶどう畑探検。
どれどれ。

2008 06 02_RueDeVin_0016-10m.JPG
愛らしかったシャルドネ畑の草花たちが、ボウボウ。

2008 06 02_RueDeVin_0006-10m.JPG
シャルドネは、芽吹きの真っ最中。

2008 06 02_RueDeVin_0019-10m.JPG
お隣の畑で、可憐な花を咲かせていたのは、りんご。

そして、数分ほど車を走らせて、標高の低い平地の畑へ移動。
そこに待つのは、たった3週間でわたしを再訪させた、大好きな…

DSC07447m.JPG
カベルネ・ソービニヨン!

DSC07449m.JPG
土の下に隠れていた、苗木の長い根。

DSC07451m.JPG
すっくと、ひとり立ち。

畑がある場所の標高の違い、わかるかな?

2008 06 02_RueDuVin_0121-10m.JPG
熟す時期が遅いカベルネ・ソービニヨンだけは、標高が低くて暖かい畑。

2008 06 02_RueDuVin_0062-10m.JPG
日当たりがよく、水はけがよい、斜面の畑。
手前がメルロー、プントの奥が前回植えたピノ・ノアール。

さいごに、もうひとつの目的も達成。

2008 06 02_RueDuVin_0140-10m.JPG
うれしそうに並ぶ、プント兄弟。
わたしのプント、サソリ(アバルト)だけあって、走り屋な顔立ちだったのね。
すっかり忘れてた…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カベルネ・ソーヴィニヨンのテイスティングのはずが… [Wine]

赤ワインフランス代表品種5種類をブラインドテイスティング
自分のコメントを記入したあとは、先生の総評。

「では、最後に5番のカベルネ・ソーヴィニヨンを一緒に見ていきましょう。外観は、濃いめのややガーネットがかった赤。粘性は…」
右手でメモを取りながら、左手でワインが入ったグラスを傾けて観察する。
「香りは、樽からくるチョコレートのような甘香ばしさがありますね」
クンクン。あれ?さっきまで樽の香りがしていたのに、感じないなぁ。
味わいは、しっとりとして、やや多めの酸と、果実の凝縮感。タンニンは細かくて上あごにはりつく感じがあります」
クピッ、クチュクチュ。ん?なんで果実味がこんなにフレッシュなの?タンニンなんて、ほとんどないぞ。

なんか変なの、と思いながら顔を上げる。
机の上に残された4個のグラスが目に入って、はっとした。
今テイスティングしているはずの5番のグラスが、そこにあるでないの!
てことは、左手の、このグラスの中身はなんなの?!

1番の上空が、ぽっかりと空いていた。
これは、1番のガメイ…。色からして、全然違うじゃないの…。
ゲホゲホッ。自分のあまりの天然ぶりに、思わずむせてしまった。

授業中は突っ込んでくれる人がいなくて、さみしい…。

note080424.JPG
ノートは、まじめにとってるの。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピノ・ノアールの苗木を植える [Wine]

ワインスクールの先生のお誘いで、長野県東御市のブドウ畑で、苗木を植えるお手伝い。ワイン醸造家の方が、2006年から土地を開墾して、ブドウを植えはじめた小さな畑。背の高い雑草をこまめにとりのぞき、丁寧に手入れされている様子をしみじみと感じる。

Chardonay080412.JPG
おととし植えられたシャルドネは、小花に囲まれてうれしそう。

kaeru080412.JPG
のけぞるカエルちゃん。

PN080412.JPG
わたしたちに植えられるのを待つ、ピノ・ノアールの苗木たち。
ハードな軍手をしていたのに、作業の後には、爪の間に土が入ってた(笑)。

P.S.
今回お世話になった、小山英明さんのブログ。
(有)永井農場 ワインプロジェクト

おまけ
PuntoC080412ok.JPG
プント、カブリオレに改造! ←ウソ。
タグ:ワイン
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア土着品種:ロンバルディア州 [Wine]

今週からはじまったワインスクールは、イタリアの土着品種のコース。

第1回はロンバルディア州。北西部に位置し、州都はミラノ
瓶内2次発酵の発泡性ワイン、フランチャコルタが有名。
ブラインドテイスティングは、赤ワイン6種類。
フランス品種の2種類(ピノ・ネロ、メルロー)はなんとかわかったものの、はじめての味のものばかりで、びっくり。かろうじて、キアヴァンナスカの陰干しだけは、甘さと濃い味わいで判別。


わたしのお気に入りは、左から3番目。
D.O.C. Garda Classico Gropello "Maim" 2003
ぶどう品種:グロッペッロ、バリック(小樽)12か月熟成

オレンジがかった赤で、チョコレートと懐かしい香り(ドライフルーツ、スパイス)。しっとりとやさしい口当たりで、やわらかい果実味としっかりした酸、ほどよいタンニンの、辛口。
セピア色の景色をながめる感じの、落ち着いた味わい。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シャンパーニュ(Champagne) [Wine]

シャンパーニュ地方の発泡酒、という認識しか持っていなかった「シャンパーニュ」。この名前を名乗るためには、生産条件にも規定がある。
ワインの原酒と糖分を瓶詰めにして発泡させる、瓶内二次発酵。
○炭酸ガスは5気圧以上(通常の発泡酒は3気圧以上)。
○法定8品種。ピノ・ノアール、ピノ・ムニエ、シャルドネがメイン。

歴史をひも解くのもおもしろい。
ぶどう栽培の北限という厳しい自然条件から、ブレンドと長期熟成を考案して原型をつくったのが、修道院の酒庫係のペリニオン司祭(ドン・ペリニオン)。瓶内での二次発酵によりたまってしまう澱(オリ)を取り除く方法を考案したのが、夫のビジネスを引き継いだマダム・クリコ
おなじみの名前が次々と登場。

4種類のシャンパーニュをテイスティングして、今回のお気に入り。

Veuve Cliequot Ponsardin White Label Demi-Sec
ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン ホワトラベル デゥミ・セック

NV(ノン・ヴィンテージ) シャンパーニュ


洋ナシのコンポートのような、甘い香り。
ふっくらとした泡で、果実の甘さ。まろやかな酸味で、辛口の余韻。

比較した中には、ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット(辛口)もあった。柑橘系の香りで、すっきりした酸味。バランスがよくてエレガント。量産するメジャーブランドも、伊達じゃない。
もともと辛口が好きなわたしが、デザートにしたくなったデュミ・セック=中甘口。食後に試してみて。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。