So-net無料ブログ作成
Restaurants ブログトップ

ビストロ ア ヴァン ラ・セーヌ [Restaurants]

ワイン仲間の集まりで、差し入れの桃を、手際よくきれいな三日月型に剥いてくれた人がいた。それが、ラ・セーヌのオーナーシェフ、鈴木さんだった。カットの美しさで、桃のおいしさが倍増したことを、そこにいた誰もが感じずにはいられなかった。

彼は、いったいどんな料理を作るんだろう?
百聞は一見に如かず。

20100903_counter.jpg
厨房の中を、アスリートのようにすばやく動きまわるシェフ。

20100903_marine.jpg
野菜のマリネ
パプリカ、ズッキーニ、セロリ、レンコンなどなど。
野菜の味が生かされた、やさしい酸味。

20100903_m.jpg
ムール・フリット (ムール貝の白ワイン蒸し+ポテトフライ)
ふっくらクリーミーなムール貝。ハーブの香りの効いたスープは、パンに浸して。

20100903_B.jpg
グーダン・ノアール (豚血の黒いソーセージ)
ソーセージに練りこまれたスパイス(たぶんシナモン)と、リンゴの甘みがたまらない。

20100903_MORGON.jpg
MORGON VIEILLES VIGNES 2006
クリュ・ボージョレの樹齢90年のガメイから造られた、自然派のワイン。
フレッシュなベリー系の香り、しなやかで酸が豊かな辛口。
愛情をたっぷり受けただろうガメイは、あまりに優雅で、しあわせな気分になる。

20100903_canard.jpg
カモ胸肉のロースト ジュニエーブルソース
やわらかくてジューシーなカモ肉に、スパイシーなソース。
ジュニエーブルが何だかわからなかったので、あとで調べてみた。
ああ、杜松(ねず)の実なんだ。ジンの香りづけにつかわれる、ジュニパーベリー!

20100903_wines.jpg
今夜いただいたワインたち
ワインはどれも、お料理に合う、やさしくて素直なもの。
シェフの好みが、すっと伝わってくる。

フレンチとワインで、肩の力を抜いて、ほんわりしたいときに。
ビストロ ア ヴァン ラ・セーヌ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土佐の魚づくし [Restaurants]

新宿の高層ビルで、土佐料理?
不思議な組み合わせは、おいしいものが集まる東京ならでは。
「戻り鰹」がいただけると聞いて、気持ちが浮き立つ。

お造り
091113_tsukuri.jpg
おいしさがよみがえる、フォトジェニックぶり。名脇役は、みょうが。


鰹たたき
091113_katsuo.jpg
炭火で炙った、香ばしさがたまらない。これが一人前!


くえうす造り
091113_kue.jpg
脂がのっていて、とろりととける。ポン酢との相性ばっちり。

クジラのくし揚げ
091113_kujira.jpg
ホクホク!
「クジラ、給食にでてたよね!」とはしゃいでいたら、おじさまたちに「歳がばれるからやめなさい」とたしなめられた。
わたしたち、歳は隠してないのだけれど…。なんで?

金目鯛の棒寿司
091113_masu.jpg
〆は、さっぱりと。

もう数皿お料理はあったのに、ペロリとたいらげていた。
土佐の魚、おそるべし。

新宿 土佐料理 祢保希 野村ビル店
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旬香亭 自由が丘キッチン [Restaurants]

ヴィノスやまざき自由が丘店に併設されたレストラン。
グラスワインが、スパークリング2種類、赤・白10種類あって、いろいろ楽しめる。料理は、彩りもよく、ワインとぴったりの味付け。
ワイン好きの友達と、気軽におしゃべりしたいときに。

Shunkatei080506.JPG
メゼの盛り合わせ 10種

Shunkatei80506.JPG
本日のパスタ

旬香亭 自由が丘キッチン
東京都目黒区自由が丘2-16-11
Tel: 03-5726-0155
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

イタリアンな夜 [Restaurants]

きのうは、イタリア旅行をひかえた彼女をかこんで、イタリアンな夜。
本場に行くのになぜ日本でイタリアン?なんていうのは野暮。だって、みんなイタリアのワインと料理が好きなんだもん。

エノテカ・ドォーロ」は、イタリアンワインのバリエーションがとにかく多い。どっしりと厚いワインリストには、ラベルの写真とともに、どんなワインなのかが丁寧に紹介されている。キュートなラベルたちがイタリアらしさを主張していて、見ているだけでわくわく。もうひとつうれしいのは、良心的なお値段。お店の人にあれこれ聞きながら、ワインを選んでもよさそう。
生ハムとサラミの盛り合わせと、石釜で焼いたピッツァは忘れずに。


シシリアンルージュというトマトとバジルのポモドーロ。
フレッシュな甘さがたまらない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
Restaurants ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。